So-net無料ブログ作成

地球最大の火山島アイスランドに迫る「椎名誠のでっかい旅!」 [海外]

辺境の地への冒険をライフワークとする
椎名誠の紀行ドキュメンタリーシリーズ「椎名誠のでっかい旅!」が
ついに完結を迎えます。

完結の舞台は地球最大の火山島「アイスランド」。

これまで「アマゾン河」「メコン河」「ラプラタ河」「カナダ北極圏」と
まさに地球を感じるような場所を旅してきた同番組にとって
アイスランドはふさわしい場所ですね。

コチラが予告動画です。



自然力が半端ないですね。

今回の旅のキーワードとしては、

「沸騰の大地」「極北の海」「アイスランド横断」「ヨーロッパ最西端」

「悠久の氷河」「地球の裂け目」「驚異の大自然」

「神秘の創造」「地底旅行の入り口」

というものが出てきます。

旅好き、自然好きにとってはこれらのキーワードを
聞いただけでワクワクしますよね。

アイスランドに行ったことある人ってけっこう少ないと
思います。

なぜなら他のヨーロッパ諸国に比べてそこまで
情報がないから。

が、アイスランドって意外にも日本との共通点が
多いんです。

火山国であったり、至るところから温泉が湧き出ていたり、
島国だったり漁業が盛んだったり。。。

治安が良いのも共通点ですね。

この共通点だけあげてこの国はどこ?って聞かれたら
間違いなく日本って答えると思います。

極北の孤島アイスランド。

私がこれまでイメージしていたのはオーロラとブルーラグーンという観光地だけでした。

最近氷の洞窟も知りましたが。

a9346c4ef65e53aee57609b4a5c708e9-600x397.jpg


あまりに美しすぎて度肝を抜かれますね。

椎名誠がどのような冒険を繰り広げてくれるのか?

たくさんの地球の魅力を伝えてくれる「椎名誠のでっかい旅!」。

とても楽しみです。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

6月25日にセカホンで紹介されるウルグアイの魅力とは? [海外]

W杯にも出場中のウルグアイ。

決勝トーナメント進出も決め、
エース・スアレスの噛み付き事件も含み、
まだしばらくはお茶の間を
賑わせてくれそうですね。

そんな今話題のウルグアイが6月25日放送の
「世界行ってみたらホントはこんなトコだった!?」
通称「セカホン」で紹介されます。

というわけでウルグアイの魅力を
一足早く紹介したいと思います。


e96f140d.jpg


ウルグアイは北東にブラジル、西にアルゼンチンと
南米二大大国に挟まれた小さな国です。

首都はモンテビデオ。

ラテンアメリカの中では比較的生活水準が安定している
国でもあります。

日本からはだいたい往復58時間ぐらいですね。

相変わらず面白そうな国は日本から遠いです。笑

さて、そのウルグアイで有名なものが
マテ茶とアサード。

マテ茶はビタミンやミネラルを多く含み、
「飲むサラダ」とも言われています。

ウルグアイだけでなく、南米諸国で
日常的に飲まれていますね。

アサードは独特な味と焼き方で知られた伝統的な
焼き肉です。

アルゼンチンやパラグアイでもよく食べられます。

あれ?マテ茶もアサードも別にウルグアイじゃなくても
味わえるのでは?

確かにそうなんです。

が、ウルグアイにはとっておきの特産物があります。

それは

ウルグアイワインです。

特にタナ種の赤ワインが有名で
日本では「ウルタナ」としてプロモーションが
行われているほどです。

ウルグアイにワインってなんか意外ですよね。

南米のワインといえば
チリやアルゼンチンがよく知られているので
ウルグアイワインは全く知らなかったです。

ウルグアイの気候や風土がワインの生産に
適しているようですね。


見どころでいうと、

ウルグアイには世界一長いカーニバルがあります。

首都モンテビデオで開催されるこのカーニバルはなんと
例年2月から3月にかけて40日間もあるそうです。

あの世界的に有名なリオのカーニバルでさえ
4日間なのに40日間って凄まじく長いですね。

毎日どんちゃん騒ぎで楽しそうですが。


他には温泉やリゾート地プンタ・デル・エステ、
世界遺産のコロニア・デル・サクラメントなどがあります。


ウルグアイってけっこういろいろな魅力があったんですね〜。

私はぜひウルグアイワインを堪能してみたいです!

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ひと月2000円で暮らせるキューバの実態!世界の日本人妻は見た! [海外]

カリブ海に浮かぶ社会主義国家キューバ

6月24日の「世界の日本人妻は見た!」では
キューバを特集しています。

キューバって訪れたことある人いますか?

私の周りにはキューバで駐在員として働いている友達以外は
いないです。

キューバと聞いて思い浮かぶものといえば

・野球が強い

・キューバ危機

・革命

・チェ・ゲバラ

・ラム酒

・サトウキビ

・葉巻

・DENAに入団したグリエル選手

ぐらいではないでしょうか。

というわけでキューバとはどういう国なのか
興味のありそうな部分に焦点を当てて
紹介します。


<キューバへの行き方>

日本からだとカナダのトロント経由あるいは
メキシコ経由になります。

日本から中南米に行くときは
たいていアメリカ経由で行けるんですが
アメリカとキューバは断交状態なので
キューバへは行けません。

アメリカ経由メキシコ経由のキューバなら
行けると思いますが。。。


<キューバの治安>

中南米といえばどこの国も治安の悪さが目立ちますが
キューバは意外にも中南米の中ではそこまで
悪くないようです。

「中南米の中では」という点が怖いですね。笑

が、比較的治安は良い方らしいので
少し安心しました。

もちろん海外、しかも中南米にいるという
危機管理を持って行動するのは
言うまでもありません。


<キューバの物価>

本日の「世界の日本人妻は見た!」のテレビ欄には
「キューバはひと月2000円で暮らせる」と
書いていました。

「ホントに〜?」と思って調べてみると、

・教育費無料

・医療費無料

・家賃ほぼ無料

・コーヒー 4円

・サンドイッチ 12円

・ソフトクリーム 20円

・オムレツバーガー 60円

・税金かなり少ない

らしいです。

確かにかなり安く生活できそうなので
ひと月2000円もあながち可能な数字に
思えます。


ちなみに少し話題がズレますが、
キューバには二重通貨制度があります。

単純に通貨が2種類あるということなんですが
わかりやすく説明しているサイトを見つけたので
興味ある人はコチラをどうぞ。

http://akinakamura.net/?p=2439


治安も悪くないし物価も安いし
行ってみたいと思った人も多いのでは?


キューバについての詳しいことは
本日放送される番組まで楽しみにとっておきましょう!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

サウジアラビアにダイソー!?世界ナゼそこに?日本人 [海外]

いきなりですがサウジアラビアにダイソーがあるって
知っていました?

あの大創産業が運営する100円ショップのダイソーです。

ダイソーが海外にあることに対しては全く驚きません。

実際オーストラリアでもニュージーランドでも行ってましたから。

もちろんその見つけた時はかなりびっくりしましたけどね。


が、オーストラリアやニュージーランドにあるのはまあ何となく
わかるんですよ。

けどサウジアラビアですよ!

意外すぎてびっくりしています。

サウジアラビアといえばまず思い浮かぶのが石油、
そしてイスラム教の厳格な国というところでしょう。

観光に関しても個人の入国は非常に厳しく、
もちろんビザが必要となります。

そのビザの取得条件が
最低4名からなる団体旅行者で、
さらにサウジアラビアにある旅行業者が手配した
旅行者のみにビザ申請が認められるという。

バックパッカーにとってはだいぶ厳しい条件となっています。

そういういろいろな意味で遠い国サウジアラビアに
なぜダイソーがあるのかが不思議で仕方がないというわけです。


ついでにダイソーって他にどんな国・地域にあるのか
調べてみたところ、

シンガポール、タイ、クウェート、ミャンマー、香港、

インドネシア、カタール、オマーン、ベトナム、台湾、

バーレーン、マレーシア、韓国、UAE、マカオ、

フィリピン、中国、アメリカ、カナダ、メキシコ、

ブラジル、オーストラリア、ニュージーランド、

モーリシャスです。

中東にかなり展開していますね。

ヨーロッパに一つもないのが逆に意外ですね。

これもダイソーの戦略なのでしょう。

珍しい国に行ってそこにダイソーがあればかなり
テンションが上がりますね!

「世界のダイソー」はどこまで世界に店舗を
増やしていくのでしょうか?

いつかは南極にもできたらうれしいですね。

サウジアラビアに関しては
6月23日放送の「世界ナゼそこに?日本人」で
特集されるのでお楽しみに〜!

the世界遺産「ドラケンスバーグ」南北1000kmも連なる竜の山とは? [海外]

6月15日の「THE世界遺産」では南アフリカとレソト王国にまたがるドラケンスバーグ(正式名:


マロティ=ドラケンスバーグ公園)について特集されています。


南北1000kmも連なる長大で黒い断崖ドラケンスバーグはアフリカーンス語で「竜の山」を意味し、


ズールー語ではウクハランバ(槍の障壁)と呼ばれています。3000m級の山々が連なり、


ラムサール条約登録対象の湿地などそれら美しい自然景観、そして4000年ほど前に


ドラケンスバーグに住んでいたサン人による洞窟壁画が多く残る考古遺跡が評価され


世界遺産に登録されています。


1188263886.jpg


黒い溶岩が長い年月で削られた結果できた絶景ドラケンスバーグ、ナレーターの


藤原竜也はどう語るのでしょうか。


生物多様性であるドラケンスバーグではヒゲワシ、ハゲトキ、キテンタヒバリなどの珍しい鳥類を


観察するのに最適な場所でもあります。


ハイキングコースも非常に豊富で往復1時間のものからなんと17時間のものまであるようです。


大自然とハイキングが大好きな私にとってかなり魅力的な場所です。w


行き方としてはヨハネスブルグやプレトリアから車でレソト方面に行くか


ツアーに参加するといった感じです。


奇岩のテーマパークと呼ばれる世界遺産ドラケンスバーグ、


まだまだ日本でもメジャーではないのでぜひ行ってみたいですね。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

クロアチア!世界一おすすめの国の一つ [海外]

本日「世界行ってみたらホントはこんなトコだった」(セカホン)でクロアチアが


特集されます。サッカーW杯で日本と二度対戦し、明後日から行われるW杯ブラジル大会では


開幕戦でブラジルと対戦するクロアチア。そんな注目のクロアチアについ一ヶ月ほど前に


私も一週間ほど訪れてきました。あまりの素晴らしさに驚嘆したので


クロアチアについて私の「世界行ってみたらホントはこんなトコだった」を


書きたいと思います。


th_DSC_0656.jpg


まずはここ「ドブロヴニク」から。


クロアチアのことを知る人は間違いなくこのドブロヴニクという街も知っていることでしょう。


アドリア海の真珠」と呼ばれ、ジブリファンにはお馴染み「魔女の宅急便」の街の舞台に


なったとウワサもされているドブロヴニク。


紺碧の海に映えるオレンジ色をした屋根、そして青い空、まさにアドリア海の真珠にふさわしい


美しさを持つ街です。


th_DSC_0464.jpg


th_DSC_0624.jpg


1979年にユネスコ世界遺産に登録されたドブロヴニク旧市街ですが、1991年のユーゴスラビア崩壊に


伴う紛争で甚大な損害を受けました。


そこから復旧させて元来の姿を取り戻し、今となっては人気の観光スポットまでになっています。


クロアチアにはドブロヴニク以外にもおすすめしたい場所がまだまだあります。


ザダル」もそのうちの一つです。


クロアチア中部に位置するザダル、知らない人も少なくないのではないでしょうか。


実際私も「プリトヴィツェ湖群国立公園」に行くためにたまたま寄っただけなのですが、


本当に来て良かったと思います。


th_DSC_0833.jpg


手前が旧市街、運河からあちら側が新市街ときれいに分かれています。


th_DSC_0808.jpg


そしてこちらがザダル名物「海のオルガン」です。


浜辺の階段の下部にパイプを埋め込み、波の動きと共に入る風がパイプを通ることで


パイプオルガンのような美しい音を奏でます。


自然の風が作る音はまさに幻想的です。


そして次は「プリトヴィツェ湖群国立公園」。こちらは最近有名になってきたので知っている人も


けっこういるのではないでしょうか。


th_DSC_0888.jpg


th_DSC_0016_2.jpg


th_DSC_1053.jpg


まさに自然の楽園です。


世界で最も美しい滝を持つと言われているプリトヴィツェ湖群国立公園は1979年に


ユネスコ世界遺産に登録されています。


大小16の湖に92箇所の滝を持つプリトヴィツェ湖群国立公園は歩くだけで私たちの心を


癒してくれます。


おそらくマイナスイオン効果なのでしょう。


そして最後はクロアチアの首都「ザグレブ」です。


首都なのであまり期待していなかったのですが、良い意味で見事期待を裏切ってくれました。


th_DSC_0055.jpg


th_DSC_0092_2.jpg


th_DSC_0117_2.jpg


青空に映える赤いパラソルが印象的なドラツ青果市場は首都らしく活気に満ちあふれています。


そしてロマネスクとゴシック建築である聖マルコ教会の屋根はとてもかわいらしくできています。


オレンジ色の屋根と青い空のコントラストは何度見ても美しいですね。


西欧に比べて物価が安く、見どころたくさんのクロアチア。


人も親切でとても旅行しやすい国だと思います。


私がいままで行った国の中でも間違いなく世界一おすすめの国の一つです。


本日放送される「セカホン」ではどのような場所が放送されるのかが楽しみですね。


そしてW杯開幕戦で対戦する優勝候補ブラジルに果たして番狂わせを演じられるかにも注目です。


番組を見てクロアチアを応援したくなる人も増えるのではないでしょうか?


私はすでにクロアチアを応援したくなっています。笑



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

旅の準備に手こずる [海外]

ヨーロッパ&モロッコ旅行の準備に手こずっております。


出発までラスト一週間やのにやることがまだまだあるという。。。


とりあえず初日の宿の確保とクロアチアまでのフェリーの予約は終えました。


そして本日は超小型寝袋とズボンを購入。


本当は持ち運べる洗濯機も買いたかったのですが予算オーバーです。


次回余裕のあるときに買おうと思います。


本当は一週間もあれば全然余裕で準備なんて終わるのですが、


なんせ今住んでいるところのネット環境が悪すぎる。


仕事が15時からなのでそれまでの間の2時間ほどしかできません。


ネットができる場所が公共施設なので夕方には閉まるっていう。。。


仕事が今週いっぱいまでということで今日の夜は飲み会で明日も予定があるので


思うように進まないわけです。


たまに今住んでいるホテルのロビーでWIFIが使えるのですが、


どうも最近は調子が悪い。


とまあここまでしっかり想定して事前に準備していたら全然余裕だったんですけどね。w


ギリギリまで追い込まれないと動けないタイプなので毎回こうなります。


ということで残り一週間死力を尽くして準備に励んでいこうと思います。


仕事もラスト4日間。


3ヶ月弱住んだ三重県ともそろそろおさらばです。


ではがんばりまーす!

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

各都市の物価はいかほど? [海外]

今回のヨーロッパ&アフリカ旅行で気になるのは各都市の物価事情です。


調べてみたところ、今回行く国の中でイタリアが一番高そうです。


フランス、ドイツはやはり高く、スペイン、クロアチアは中ぐらいです。


ポルトガルはヨーロッパの中で比較的安い方ですね。


モロッコはヨーロッパや日本に比べてだいぶ安そうなので一安心。


トルコもまあまあ安い方ですね。


物価の安い国で長く滞在し、高い国は主要なところだけ周るスタイルが良さそうです。


といってもヨーロッパの物価は全般的に高いのでなかなか厳しいですね。


日本からの往復航空券を取っていなかったらと思うとゾッとします。


いろいろな国を旅していたら本当に物価が違いすぎて毎回驚きます。


フィジーからオーストラリアに行った時はあまりのオーストラリア物価の高さに驚き、


オーストラリアからネパールに行った時はあまりの安さに驚きました。


安すぎて逆にいろいろお金を使ってしまいましたが。。。笑


オーストラリアからニュージーランドに行った時はほぼ同じかニュージーランドの方が


やや高いくらいでした。


というかこの二カ国は普通に日本より高かったです。。。


とても良い国でしたが。


ネパールはおそらくいままで行った国の中で一番安かった気がします。


カンボジアとエクアドルも安かったですが。


そんなわけで今回もいろいろと比較していきたいと思います!

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

旅行ルートほぼ確定! [海外]

いろいろ試行錯誤した結果、今回のヨーロッパ&アフリカ旅行のルートがほぼ確定しました。


関空→上海(中国)→ローマ(イタリア)→アンコナ→スプリット(クロアチア)→ドブロブニク


→ザグレブ→プリトヴィツェ→バルセロナ(スペイン)→ポルト(ポルトガル)→ロカ岬


→リスボン→セビージャ(スペイン)→コリア・デル・リオ→モロッコ各都市


まではなんとか決まりました。


アフリカはモロッコしか行きません。モロッコは見どころが多すぎるのでできれば


じっくり周りたいですね。サハラ砂漠も行きたいし。


なのでモロッコについては各都市と書きました。


問題はその後をどうするかなんですよね〜。


日数が一ヶ月半とかなり短く多少急ぎ足になること覚悟です。


本当はルートなんて決めずのんびり行き当たりばったりで予定を考えていけたら


良かったのですが今回はそうもいきません。


時間がなくなります。


モロッコの後に行く候補はとりあえずフランスまで行ってその後はアイスランドあるいは


ドイツ・ベルギー・オランダあるいはノルウェー・デンマーク・スウェーデンの北欧諸国を


攻めるって感じですかね。


帰りもローマ発なのでシチリア島やランペドゥーザ島、ポンペイ遺跡は周るつもりです。


時間があればトルコにも寄りたいです。


というか時間の前に予算が底をつきそうです。


おそらく学生よりも貧乏旅行になるくらい低予算なんで。


まあ何にせよ楽しめたらそれでいいです!


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ヨーロッパ&アフリカ旅行 準備? [海外]

ついにヨーロッパ&アフリカ旅行まで残り2週間強となりました。


はっきり言ってローマ行きの航空券を取って以来マジで何もしてません。


やるべきことはたくさんあるのですがめんどくさくてなかなか手が進まないんです。


中国経由でローマに行くので上海に一泊しなければなりません。


なのでそのホテルだけ予約しました。


他に出発までにやるべきことは


・アンコナ(イタリア)からスプリット(クロアチア)のフェリーチケット予約

・ローマに着いた初日の宿の確保

・コンセントプラグとモロッコの地球の歩き方購入

・今回の旅行のためのブログ立ち上げ

です。


思ったよりやるべきこと少なくて今安心しました。


いま三重県の田舎で仕事しているのでけっこう不便です。


この前地球の歩き方を買いに街へ行って本屋を4軒回ったのですが、


2軒は海外旅行のガイドブックすらなく、もう2軒には最新の地球の歩き方が


おいていませんでした。


ここらへんの人はおそらく海外へ行かないのでしょう。


仕事が今月19日までで20日に大阪戻って22日出発するのでけっこう時間がないのです。


そしていままで仕事は昼の3時からだったので朝はかなり時間があって余裕ぶっていたのに


まさかのここにきて朝も入ることになりピンチです。


そして今住んでいるホテルのロビーにはWIFIがとんでいるのですがよく途中で使えなくなります。


WIFIルーターも田舎すぎて使えんっていう。。。


この逆境に負けないようにがんばって調べます!

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。