So-net無料ブログ作成

秘境ボリビアに私財を投じた男!ボリビアの魅力とは? [旬なニュース]

本日「世界ナゼそこに?日本人〜知られざる波瀾万丈伝」で南米の秘境ボリビアに


私財2500万円を投じた日本人男性が特集されます。


公務員という安定した職を捨て、家族とマイホームまで犠牲にしてまでボリビアに


移住したというこの男性とはいったい!?


ボリビアにそこまで魅力があったのでしょうか?


というわけでボリビアについて調べてみました。


南米の中央部に位置するボリビアは北と東をブラジル、南をアルゼンチン、南東をパラグアイ、


南西をチリ、北西をペルーに囲まれた典型的な内陸国です。


世界一標高の高い首都でもあるラパスは3700m!


富士山とほぼ同じ高さに首都があるなんてすごいですね。


W杯南米予選のホーム試合で圧倒的強さを誇るボリビア代表。


そりゃあそんな高所で試合をすることに慣れていない他国が苦戦するのも無理は無いですね。w


そんなボリビアですが近年よく聞く名前だと思いませんか?


南米の秘境ボリビアを有名にしたのは間違いなく世界最大の鏡と称されている「ウユニ塩湖」


でしょう。


o0400030011931625407.jpg


テレビや雑誌でもよく見かけます。


私の中で世界で見に行きたいスポットベスト3に常に入っています。


が、ボリビアにはウユニ塩湖の他にも見どころがたくさんあります。


ボリバール憲法上の首都であり白亜の街でもあるスクレや、


プレ・インカ時代の遺跡ティワナク、行政区間のある居住都市では世界で最も標高が


高い都市ポトシ(4070m)などがあります。


北部ボリビアと南部ペルーの国境にあるチチカカ湖も有名ですね。


商用の船が航行できる世界で最も標高の高い場所(3810m)です。


世界最悪の道路と言われる通称「デスロード」の自転車レースもアウトドア好きには


有名ですね。かなりヤバイところみたいですが。。。


サクッと検索しただけでこれぐらいの名所が出てくるので現地に行けばもっともっと


あると思います。


秘境ボリビア、ぜひいつか行ってみたいですね。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

オーストラリア&ニュージーランドで珍獣ハンター [旬なニュース]

本日の「世界の果てまでイッテQ!」ではイモトアヤコが自然大国オーストラリア&ニュージーランドで


珍獣ハンター特集です。


カンガルーやコアラ、そしてタスマニアデビルなど独特な生態系を持つオーストラリアに


キーウィやタカヘなど飛べない鳥が数多く存在するニュージーランド。


イモトは果たしてどんな動物を珍獣ハントするのでしょうか?


とにかく珍しい動物が多いオーストラリアとニュージーランドですが、


その中でも特に私が好きなものを紹介します。


オーストラリア編


◯なんといってもコイツは外せない!日本でもCMに起用されるなどで大流行した
 エリマキトカゲ!

10010931757.jpg


◯見た目の可愛さと食事中の獰猛さがとてもギャップのあるタスマニアデビル!

◯最強の癒し系ウォンバット!

wombat1.jpg

◯名前は知ってるけど実はかなり希少なカモノハシ!


ニュージーランド編


◯ニュージーランドのシンボルで野生で見ることは難しすぎるかなりレアなキーウィ!
 (そんなキーウィですが、最近衝撃の事実を知りました。
 日本で唯一キーウィが飼育されている動物園がまさかの地元・天王寺動物園らしい。)

7251ef8a604817936a7adeef91413120.jpg

◯世界最大の海鳥ロイヤル・アルバトロス!

◯世界一頭の良い動物と言われるほどの知能をもち、大のいたずら好きであるキーア!


といった感じです。


エリマキトカゲはぜひ野生で走っている姿を見たかったのですがあいにく無理でした。


キーアには車の窓から侵入されてクッキーをとられたり、寝ている間にテントを


破られたりと散々な目に合わされました。


さあイモトはどんな珍獣と出会うのでしょうか?


楽しみです。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

奇跡の天空都市マチュピチュとインカ帝国の首都クスコ [旬なニュース]

「一度は行ってみたい場所」として常に上位にランクインしているペルーの


天空都市マチュピチュ。そしてマチュピチュほどではないが、旅人がこぞって


良かったというインカ帝国の首都クスコが本日の「朝だ!生です旅サラダ」で


特集されていました。


52661537_a0f2553fb5.jpg


マチュピチュはケチュア語で「老いた峰」という意味があるそうです。


「インカの失われた都市」と称され、未だに解明されていない多くの謎を残している


マチュピチュは2007年に「新・世界の七不思議」の一つに選ばれています。


他にはチチェン・イッツァのピラミッド(メキシコ)、イエス・キリスト像(ブラジル)、


万里の長城(中国)、ペトラ(ヨルダン)、コロッセオ(イタリア)、タージ・マハル(インド)が


あります。どれもお馴染みのものばかりですね。


さて、そのマチュピチュまでどうやって行くのかというと、


日本からまずアメリカ経由でペルーの首都リマまで行き、そこから国内線でクスコに


行きます。そしてマチュピチュ村まで車・徒歩・列車などを組み合わせて行きます。


村からマチュピチュ遺跡まではバスあるいは徒歩です。


徒歩で2時間程度なので体力に余裕のある人は歩いてみるのもありですね。


私はぜひマチュピチュ遺跡の西側に位置するワイナピチュ山に登ってみたいです。


入場制限もあり、なかなか険しい山のようですがそこから見るマチュピチュ遺跡は


絶景のはず!


そしてマチュピチュと合わせて行きたいのがクスコ。


というかマチュピチュに行く時にどうしても訪れる街だと思うのですが、


じっくり周りたいですね。


クスコで特に見たいのが「12角の石」です。幅が約1mある巨石が隣り合う石と


ピッタリと合わさっている石組みは剃刀が通らないほど精巧な造りだそうです。


img_2.jpeg


12角の石といい天空都市といいインカ時代の人々の建築技術力は相当なもの


だったのでしょう。


近いうちにぜひ行きたいです!

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

魔境モコナって!?伊藤英明がアナザースカイでアルゼンチンへ [旬なニュース]

本日の「アナザースカイ」では俳優・伊藤英明の南米アルゼンチンへのプライベート旅を


密着します。死ぬまでにやりたいことを綴ったバケットリストや魔境モコナなど


興味深いキーワードが出てきますね。牛1頭を焼いた荒野でのBBQなんて


まさにアルゼンチンらしいです。


アルゼンチン人の主食は牛肉で人口より牛の数が多いと言われるほどの牛肉大国です。


安く質の良い肉が食べれるということで外国人からもアルゼンチンの牛肉は


評判が良いですね。


どれだけアルゼンチン人が牛肉を食べるのかというと、


日本の年間牛肉消費量が7kgにも満たないのに対してアルゼンチンでは


なんと65kgも消費しているみたいです。約10倍です!


そんな国でぜひ一度はステーキを食べてみたーい!


そして今回気になったキーワードの一つは魔境モコナ。


秘境はよく聞くけど魔境ってもうドラクエの世界じゃないですか!


調べてみると情報がないに等しいです。


とりあえずアルゼンチンとブラジルの国境にある滝のようですが


世界三大瀑布のイグアスの滝とはまた違うようですね。


さすがは魔境。


これだからおもしろい。


そしてもう一つ気になったキーワードがバケットリスト。


私自身も書いています。


バケットリストとは死ぬまでにやりたいことリストですね。


やっぱり人間は忘れる生き物なんでやりたいことは書いておくべきです。


そのリストを眺めながらイメージし行動に移す。


いたってシンプルですね。


私がバケットリストをやり始めたキッカケは「最高の人生の見つけ方〜バケットリスト〜」を


見てからです。

最高の人生の見つけ方 [ ジャック・ニコルソン ]

価格:1,080円
(2014/4/18 10:37時点)
感想(19件)





やりたいことは全部やるっていうのが私の真念なので。


というわけで今回のアナザースカイは見どころが多そうです。


今夜23時からの放送です。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

ジンバブエにパタゴニア!?こんなところに日本人 [旬なニュース]

本日の「世界の村で発見!こんなところに日本人」では南米のパタゴニアとアフリカの


ジンバブエに住む日本人が特集されます。


両方ともだいぶコアですね。


パタゴニアでは元ニューヨークのエリート女性銀行員を、


ジンバブエでは国境沿いの街に住む女性をそれぞれ訪れます。


ジンバブエといえばハイパーインフレで話題になっていた国ですよね。


国庫残高が217ドル(日本円で約1万9700円)って!


100兆ドル札が出現したり!


パン一個が1ジンバブエ・ドルで買えていたのが急に3000億ジンバブエ・ドルに


なったり、牛乳500mlの値段が600億ジンバブエ・ドルだったりと


だいぶやばい状況です。


そんなジンバブエですが、なんでも占いや呪術なるものが有名らしく


日本人探し中の千原せいじが恐怖の占いの犠牲になるようです。


いったいどうなってしまうのでしょうか?


ハイパーインフレといい、呪術といい日本で普通に生活していたらまず


関わることがないようなことが普通にあるジンバブエ。


いったいどのような日本人女性が住んでいるのでしょうか?


一方のパタゴニアはアルゼンチンとチリの両国にまたがる地方のことです。


氷河が有名ですね。


年間を通して低温で風が強く、嵐の大地とも言われています。


そんなパタゴニアになぜ元ニューヨークのエリート銀行員が来たのでしょうか?


どのような生活をしているのかが気になります。


「世界の村で発見!こんなところに日本人」は今夜21時からです。


個人的には千原せいじがどうなったのかが一番気になります。w


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

レアルが国王杯を制覇!クラシコ決勝 [サッカー]

16日にスペイン国王杯(コパ・デル・レイ)の決勝であるレアル・マドリード対バルセロナの


クラシコが行われ、レアル・マドリードが2−1で勝利し3シーズンぶりに制覇、19度目の


優勝を果たしています。


今シーズンはリーグ戦でホーム・アウェイ共バルセロナに2連敗中だったレアル・マドリード


ですが、国王杯で見事リベンジを果たしましたね。


エースのクリスティアーノ・ロナウドを負傷で欠いてのクラシコで勝利し、タイトルを


得たことは非常に大きいと思います。


前半11分にレアル・マドリードのアンヘル・ディ・マリアが先制を上げるも


後半23分にバルセロナのマルク・バルトラが同点ゴールを決めます。


が試合終盤の後半40分にギャレス・ベイルが勝ち越しゴールを決め


試合はそのまま終了。


レアル・マドリードが大きな勝利を上げました。


今シーズンとりあえず一冠目を達成したレアル・マドリードは他にチャンピオンズリーグと


リーガエスパニューラでも優勝の可能性を残しています。


チャンピオンズリーグでは準決勝で黄金時代を築いているドイツのバイエルン・ミュンヘンを


倒さなければいけません。


リーガエスパニューラでは現在2位につけていますが絶好調の首位アトレティコ・マドリードが


果たして勝ちを取りこぼすかどうかですね。


しかしまだ三冠の可能性が残っています。


一方のバルセロナは非常に厳しい状態となりました。


チャンピオンズリーグでも準々決勝で敗退し、リーガエスパニューラでも3位につけ、


まだ優勝を狙える位置にいますが若干厳しいでしょう。


衰退期に入ったバルセロナにとって是が非でも獲りたかった国王杯では最大のライバルである


レアル・マドリードに敗れ今シーズンいいとこなしですね。


さらに移籍違反をしたとして今後一年間移籍禁止処分を受けています。


三冠の希望が一気に無冠の危機に陥ったバルセロナ。


5シーズン続いていた年間最低1タイトルという記録もついに途絶えてしまいそうです。


バルセロナに暗黒時代がやってくるのでしょうか。


それともリーガエスパニューラで奇跡の大逆転劇を演じることができるのでしょうか。


まだまだ目が離せません。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

旅の準備に手こずる [海外]

ヨーロッパ&モロッコ旅行の準備に手こずっております。


出発までラスト一週間やのにやることがまだまだあるという。。。


とりあえず初日の宿の確保とクロアチアまでのフェリーの予約は終えました。


そして本日は超小型寝袋とズボンを購入。


本当は持ち運べる洗濯機も買いたかったのですが予算オーバーです。


次回余裕のあるときに買おうと思います。


本当は一週間もあれば全然余裕で準備なんて終わるのですが、


なんせ今住んでいるところのネット環境が悪すぎる。


仕事が15時からなのでそれまでの間の2時間ほどしかできません。


ネットができる場所が公共施設なので夕方には閉まるっていう。。。


仕事が今週いっぱいまでということで今日の夜は飲み会で明日も予定があるので


思うように進まないわけです。


たまに今住んでいるホテルのロビーでWIFIが使えるのですが、


どうも最近は調子が悪い。


とまあここまでしっかり想定して事前に準備していたら全然余裕だったんですけどね。w


ギリギリまで追い込まれないと動けないタイプなので毎回こうなります。


ということで残り一週間死力を尽くして準備に励んでいこうと思います。


仕事もラスト4日間。


3ヶ月弱住んだ三重県ともそろそろおさらばです。


ではがんばりまーす!

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

最近話題のブラジルでは豚をまるごと1頭買い?! [旬なニュース]

本日の「世界の日本人妻は見た!」ではブラジル最大都市サンパウロ、そしてアメリカの


世界一ド派手な街ラスベガスに住む日本人妻が紹介されています。


ブラジルは最近テレビで見ない日はないんじゃないかというくらい今話題になっていますね。


それはもちろん今年行われるサッカーW杯ブラジル大会、そして2016年に行われる


リオデジャネイロオリンピックがあるからです。


ブラジルといえばカーニバル、ダンス、サッカーなどが有名ですが治安も悪いと


聞きますよね。


そんなブラジル・サンパウロに住む日本人妻はいったいどのような生活をしているのでしょうか。


ブラジル出身のダレノガレ明美が密着します。


まずは日本人妻の買い物に同行するのですがさっそく日本では見られないあるブラジル式の


ルールに遭遇します。


そしてシュラスコを愛するブラジルでは肉に対するこだわりが半端なく、


市場ではなんと豚をまるごと1頭買いするのが当たり前のようです。


ということはみんな豚をまるごとさばけるってことですよね!?


ワイルドすぎでしょブラジル!


ちなみにシュラスコとはブラジルを始めとする南米料理で鉄串に牛肉や豚肉、


鶏肉を刺し荒塩をふってじっくり炭火で焼いた肉料理です。


ブラジル式BBQといったところでしょうか。


肉が大きくて豪快なイメージがあります。


そして今回番組ではあのリオのカーニバル独特な雰囲気を完全リポートするみたいですね。


一度はリオのカーニバルに行ってみたいです。


「世界の日本人妻は見た!」は本日19時からの放送です。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

スワジランドで自給自足?世界ナゼそこに日本人 [旬なニュース]

本日の「世界ナゼそこに?日本人〜知られざる波瀾万丈伝〜」ではアフリカの秘境スワジランドと


中米の秘境グアテマラで暮らす日本人が特集されています。


またコアなところを攻めてきましたね。


スワジランドではなんと自給自足で暮らす日本人夫婦がいるようですが、


果たして彼らの生活はいったいどういったものなのでしょうか?


個人的にはグアテマラよりスワジランドの方に興味があるので


スワジランドについていろいろ調べてみました。


アフリカ南部に位置するスワジランド王国(通称スワジランド)は周囲に南アフリカと


モザンビークに囲まれた内陸国です。


首都はムババーネ、国民の大半はスワジ人ですが住民のたった1%ほどの白人が


経済の実権を握っています。


アフリカ諸国中最も同種族率が多いスワジランドは世襲君主による伝統的政治が行われ、


武力抗争もなく続いてきたので最後の古王国とも言われています。


が、一般国民の生活水準は低く、国王が散財することで国家予算も圧迫されています。


公用語は英語とスワジ語です。


日本とスワジランドの時差は7時間なので日本が7時ならスワジランドは同日の0時です。


日本から直行便はないので南アフリカのヨハネスブルグを経由していくことになります。


見どころとしてはアフリカで最もクロサイやシロサイが観察しやすいとされている


ムカヤ動物保護区でワイルドサファリを楽しんだり、エズルウィニ谷でマンテンガ滝や


ムルリワネ野生保護区を訪れるのもいいでしょう。


スワジランドの観光についてあまり情報がないところがまた秘境チックでいいですね。


そんなところで自給自足の生活をする日本人夫婦ってすごいですね!


私もアフリカ周遊するときにはぜひ寄ってみたいと思います。


自給自足はしませんが。笑


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

バルセロナの黄金時代がついに終わる!? [サッカー]

ついにこの時がきたようです。バルセロナに勝てるチームなんて現れるのかというほど


最強だったバルセロナの黄金時代が終わろうとしています。


チャンピオンズリーグでは準々決勝でリーガエスパニューラでも優勝争いをしている


アトレティコ・マドリードに敗れ、7シーズン連続ベスト4を逃しました。


そしてリーガエスパニューラでは今節グラナダに敗れ、3位に転落しています。


国王杯は決勝でレアル・マドリードとクラシコを戦いますが、意地を見せることが


できるのでしょうか。


チームのエースであるメッシが不調ではありますがレアル・マドリードもクリスティアーノ・ロナウドの


欠場が濃厚なのでバルセロナが少し有利と見られます。


バルセロナの黄金時代の終わりはどの試合がきっかけだったのでしょうか?


私は昨シーズンのチャンピオンズリーグ準決勝でバイエルン・ミュンヘンに2試合合計7−0で


大敗したあの試合からだと思います。


あの時本当にバルセロナは終わったと感じたのと同時にバイエルンの黄金時代がきたと


思いましたね。バルセロナのエースもそろそろメッシからネイマールへと代わるのでしょうか。


そしてメッシはどこかへ移籍するのでしょうか。


一昔黄金期を支えたあのロナウジーニョのように。。。


メッシは好きですが、バルセロナ自体はそこまで好きじゃないので


リーガエスパニューラ最終節でアトレティコ・マドリードがバルセロナにぜひ引導を


渡してもらいたいですね。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。